民主党部門会議、「新テロ法案」対案の要綱了承

アフガンに対する復興支援の対案として民主党で決定されたという
給油支援法案はもともと小泉政権がアメリカ追従外交の一環として憲法解釈を都合よくして派遣を決めたものであるから小沢代表が自衛隊派遣に反対の立場を鮮明にしたことは大変良かった、 イラク特措法にしても然りアフガンより危険な地域に外国の軍隊に守られながら軍隊が配備されるなど全く可笑しなことだった
今回給油支援法に対しはアメリカの戦争支援はできないんだという立場は最もなことで政府自民党は原則なき派遣を開かす様にインド洋での給油活動が日本への原油のシーレーンを守る意味があるなど支離滅裂なことを言っている有様だ、どうぞ民主党においては自衛隊の海外派遣は原理原則をしっかり立て派遣するしないは政治判断できめるにせよ、自衛隊の派遣に当たっては自分達の身の危険を自ら守れる体制で派遣するようにして欲しい
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。